眠る前のこんな習慣ありませんか?

日本人に多い寝る前の習慣

「昼間に耐えられない眠気を感じる」
「睡眠時間が足りていないのではないか・・・」
早く眠りたいのに、眠れない。

そんな時、アルコールに頼っていませんか?
この寝酒の習慣は日本人に多く浸透しているようです。

アルコールを飲むことで、寝つきは良くなります。
しかし、この眠気は体内のアルコール量が高まったことで引き起こされたものなのです。

アルコールが分解されてくると、夜中でも目覚めてしまうのです。
これは、アルコールを分解したときに発生するアセトアルデヒドという物質が「中途覚醒」を引き起こすのです。
さらに、アルコールには「利尿作用」があります。
トイレに行くことで、目が覚めてしまうのです。

アルコールに頼った入眠により、眠りの質が悪く、日中のパフォーマンスも低下します。
さらに眠りたいという気持ちが高まり、アルコールの量を増やすという行動に走り、ますます睡眠不足に陥ります。

この悪循環を断つには、どうしたらよいのか。
それは、アルコールに頼ることから少しずつ離れていくことです。

 

眠れる身体を取り戻す

私たちには、もともと持っている「眠るしくみ」があります。
本来の眠りを取り戻すために、
「睡眠に関する正しい知識を習得すること」そして「日中の習慣や行動をできることから変えていくこと」を行っていきませんか?

グッド・スリープサロン「快脳リトリート」では、一人ひとりに合わせた睡眠アドバイスをいたします。
「眠れるカラダ」を作ることは、人生を豊かにしていくうえで大切なことです。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
(参考文献:脳に効く「睡眠学」宮崎総一郎)

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。